オンラインカジノ・ライブバカラの種類と細かなルールの違いをざっくり解説

オンラインカジノでプレイできるバカラには手数料なしバカラと手数料ありのコミッションバカラ、ゲーム進行の早いスピードバカラ、少ないベット額でプレイできるミニバカラや逆に高額なベットが可能なビッグバカラなど様々なタイプのバカラがあります。

それぞれのバカラの種類によって少しルールが違ってきたりしますので、オンラインカジノでプレイできるバカラの種類とルールについて解説していきますので、ご自身にピッタリなバカラのスタイルを見つけてみてください。

 

ライブバカラをオススメする理由

まずバカラの種類を大きく分けると、リアルタイムでディーラーがカードを配ってゲームが進んでいく臨場感のあるライブバカラとビデオゲーム形式のバカラがあります。

ビデオゲームのバカラというのは、スマホのアプリゲームのような感覚で人間のディーラーは存在せず機械的にカードが配られてバカラを行っていきます。

ライブバカラというのは、エボリューションゲーミング社のライブバカラが特に秀逸でオススメなんですが、ランドカジノのようにリアルタイムでディーラーがカードを配ってバカラをプレイしていくため、臨場感もあって罫線も表示されるので、テーブルの流れを読みながらバカラを楽しめます。

単にゲームとしてのバカラであれば、ライブバカラでもビデオゲームのバカラでも好みの問題なんですけど、実際にお金を賭けて稼ぐ目的でバカラをプレイするなら、万が一カジノ側がイカサマをして不正に稼いでいるとしてもライブバカラではイカサマはできないので、その理由もあってライブバカラをオススメします。

ライブバカラでは様々なテーブルでバカラが行われているので、どこのテーブルに入るのも自由ですし、どこのタイミングから賭けに参加するのも自由なので、胴元であるカジノ側がイカサマをしようにも、どこの場所とタイミングで行うのか狙いが定められないため、公平なプレイができる安心感が違います。

 

手数料なしバカラと手数料ありバカラの違い

バカラではカードを配るバンカーと架空のプレイヤーが勝負して勝ち負けを予想してベットしますが、バンカーに賭けてバンカーが勝った場合には、賭け金の5%が手数料として差し引かれます。

なので1ドルをバンカーに賭けて勝利した場合は1.95ドルとなり、1ドルをプレイヤーに賭けて勝利した場合は2ドルが払い戻しされます。

この手数料のことをコミッションと呼ぶため、通常のバカラはコミッションバカラと呼ばれていて、バンカーが勝っても手数料のないバカラはノーコミッションバカラと呼ばれています。

手数料がないなら、手数料なしバカラのほうが良いに決まってるわけですが、手数料なしバカラではバンカーに賭けてカードの合計数が「6」で勝利すると配当が半分になってしまうデメリットがあります。

バンカーの勝利が「6」意外であればプレイヤーの勝利と同じく払い戻しは2倍なんですけど、6で勝つと1ドル賭けて勝利しても1.5ドルの払い戻しとなるため、手数料なしバカラか手数料ありバカラかの選択は好みの問題かもしれません。

 

バカラの種類・スピードバカラとは?

バカラはシンプルなゲームなので、元々ゲーム進行はサクサクと進みますが、スピードバカラではワクワクドキドキする演出や臨場感をカットとして、テンポよく短い時間でバカラをプレイして稼ぎたい向けのバカラスタイルとなります。

基本的なルールは通常のバカラと同じなので、隙間時間にサクッとプレイしてゲーム数をこなしながら利益を出していきたい方には時短効果があるのでオススメです。

ベラジョンカジノや遊雅堂などのオンラインカジノサイトでは、日本人のディーラーが日本語で対応してくれるジャパニーズスピードバカラもあるので、日本人向けのバカラでサクサクプレイしたい方はこちらもオススメです。

ベラジョンカジノ初めての方向け入門ガイド

これからオンラインカジノサイトを初めて利用するという日本人のオンカジ初心者ユーザーさんが、安心して使えるサイトとして最も選ばれているのがベラジョンカジノです。   ベラジョンカジノとは? ベ ...

続きを見る

遊雅堂(ゆうがどう)初めての方向け入門ガイド

遊雅堂は日本人ユーザーにとって、親しみやすく使いやすく工夫された和風テイストな雰囲気のオンラインカジノサイトです。   遊雅堂とは? 遊雅堂は2020年にオープンした新しいカジノサイトで、知 ...

続きを見る

 

バカラの種類・バカラスクイーズとは?

バカラはカジノの王様と言われるほど人気のある理由に、スクイーズと呼ばれるカードをゆっくりとめくって勝ち負けのドキドキ感を味わえる「絞り」という演出があります。

先ほどのスピードバカラでは、ドキドキする演出のスクイーズは省略してゲーム進行の速さがメインとなりますが、バカラスクイーズではカードの両端にある数字を隠して少しだけカードをチラ見せすることで、何のカードなのか予想する焦らしの演出を入れることで、バカラ独特の高揚感をアップさせてくれます。

本場のランドカジノでは最も高い金額をベットした人にスクイーズの権利があったりしますが、オンラインカジノではディーラーがスクイーズの演出を行います。

また、バカラコントロールスクイーズでは、ディーラーではなくプレイヤー自身がカードをめくるスクイーズができるので、スクイーズの演出が好きな方は覚えておきましょう。

 

バカラの種類・ミニバカラとビックバカラとは?

バカラではテーブルによってベット額に違いがあり、最低ベット額・上限ベット額がそれぞれ違いますが、ミニバカラは最低ベット額が低く設定されたバカラで、ビックバカラは上限ベット額が高く設定されています。

ミニバカラとは、最低ベット額が1ドルなど低く設定されていたり、スクイーズなどの演出を飛ばして簡略的なバカラとなっていて、少ない資金でもバカラで遊べるように高級志向だったバカラを庶民的に改良したバカラとなっています。

ビックバカラとは、上限ベット額が高く設定されているバカラで、ハイローラーや高額なベット額でバカラを楽しみたい方向けとなっています。

またビックバカラの特徴として、最も高いベット額のプレイヤーがカードをめくってスクイーズできる権利があるため、スクイーズの演出によって高いベット額でドキドキ感を味わいたい方にはビックバカラがオススメとなります。

 

バカラの種類・特殊なルールのバカラについて

特殊な配当ルールがあるバカラとして、ドラゴンボーナスバカラがあります。

ドラゴンボーナスとは、プレイヤーとバンカーの点差が何点差だったかによってボーナスが配当されるルールで、最高で9点差となると配当が31倍まで跳ね上がる仕組みになっています。

また、エボリューションゲーミング社のピークバカラでは、カードを開示した後に追加して賭けられるルールがあり、ナチュラルで勝敗が決まった場合を除いて3枚目のカードが配られる前に追加ベットができるのがピークバカラとなります。

さらに、エボリューションゲーミング社では52枚のカードから5枚のカードが選ばれて、それぞれのカードで配当がアップする特殊ルールのゴールデンウェルスバカラもあります。

ゴールデンウェルスバカラでは、配当が大きくなる5枚のカードを含めて勝利した場合に、最大配当が513倍という大きな夢があり、タイベットで最大配当を当てると131万倍というミラクルも可能となるのがゴールデンウェルスバカラの魅力となっています。

他にも特殊なルールのバカラはありますので、代表的なバカラの種類として上記の違いを理解しながらご自身のプレイスタイルと相性の良いバカラを見つけてみてください。

ファビュラス4バカラ・7UPバカラ・ラッキーバカラなどアレンジバカラの種類を解説

バカラは配られたカードの合計数が9に近いほうが勝ちとなるシンプルなルールですが、独自のルールや条件でプレイできて高額配当も可能なアレンジバカラという種類のゲームもあります。 バンカーが勝利したときの手 ...

続きを見る