バカラの罫線とは?種類と使い方を覚えてバカラ勝率UP

バカラの罫線(けいせん)とは、バンカーとプレイヤーのどちらが優勢なのか?ゲームの流れを読むために過去のゲーム履歴をわかりやすく記録したものです

バカラでは罫線の見方を覚えることで、どちらにベットすべきかの判断力とバカラの勝率もアップする重要なツールとなりますので、ここではバカラの罫線の種類や使い方について解説していきます。

 

バカラの罫線とは?

バカラの勝負では、プレイヤーが勝つか?バンカーが勝つか?引き分けか?の3択となりますが、これらのゲームの結果を分かりやすく表にしたものが罫線(けいせん)で、出目表ともよばれます。

罫線の書き方は、青丸がプレイヤーの勝ち、赤丸がバンカーの勝ち、緑の斜線が引き分けを意味します。

この罫線を眺めることで、運任せのギャンブルではなく、ゲームの流れから次の展開を予測することでバカラの勝率を上げていけるツールとなっています。

ライブバカラのエボリューションゲーミングでは、右下と左下に罫線が表示されます。

バカラの罫線でゲームの流れを読むために特に重要なのは右下の罫線で、ここには4種類の罫線が表示されています。

 

バカラ罫線の種類と特に大事な大路(ダイロ)について

 

バカラの罫線には4つの種類があり、大路(ダイロ)・大眼仔(ダイガンチャイ)・小路(シュウロ)・甲由路(カッチャロ)と呼ばれています。

いきなり罫線が4種類もあると難しそうなイメージですが、初心者の方は大路(ダイロ)の見方と使い方のみ覚えれば、罫線からゲームの流れを読むツールとして活用できますのでご安心ください。

大路(ダイロ)の見方は、左側から順にマークが付いていき、ゲームが進行にしていくにつれて右側へと表が埋まっていく形になっています。

バンカー(胴元側)が勝つと赤い丸、プレイヤーが勝つと青い丸、引き分けは緑のスラッシュが前回結果の上に付きます。

 

バカラ罫線の大路(ダイロ)から予想できるゲームの流れ

大路(ダイロ)の見方が理解できたところで、罫線を使ってどのようにバカラの流れを読んで勝率を上げていくのか?大路で分かるゲームの流れとパターンを順番に解説していきます。

テレコ

テレコは単勝が続く流れのことです。

テレコの流れになったときはバンカーが勝ったらプレイヤーに賭ける。

プレイヤーが勝ったらバンカーに賭けることで、勝率を上げていく手法です。

罫線からテレコの流れになっていることが分かったときは、流れに逆らわず交互にバンカー・プレイヤーと賭けていくと勝ちやすくなるわけですね。

ニコイチ

ニコイチは2勝・1勝が交互に続くパターンとなります。

この例ではバンカーが2勝・プレイヤー1勝の流れが繰り返されています。

以下の罫線では序盤にニコイチの形が出現していて、バンカー1勝・プレイヤー2勝のパターンになっています。

ニコイチのパターンが出現しているときには、12勝のパターンに沿って賭けることで勝率を上げていきます。

ニコニコ

ニコニコは2連勝が続く流れのことで、以下のようなパターンです。

以下の罫線ではバンカー・プレイヤー共に2連勝するニコニコの流れが続いています。

ニコニコのパターンのときは、流れに逆らわずにパンカーが2連勝したらプレイヤーの2連勝を狙って、プレイヤーが2連勝したらバンカーの2連勝を狙っていきます。

ドラゴン

ドラゴンは連勝が続いてる状態のパターンとなります。

プレイヤーの連勝が縦に収まりきらずに横に伸びています。

このように連勝が伸びているときは、流れに逆らわず連勝を狙っていきます。

以下の罫線ではプレイヤー11連勝・バンカー9連勝で共にドラゴンが出現しています。

こういう連勝に乗ることができると、バカラでは一気に利益を出せたりします。

 

罫線の中でも大路(ダイロ)を見ていくだけで、テレコ・ニコイチ・ニコニコ・ドラゴンといったパターンから、ゲームの流れを読んでBETしていくことでバカラの勝率を高めていけますので、ぜひ活用してください。

大路(ダイロ)以外の罫線については下記の記事で読み方などを解説していますので参考にしてください。

バカラ罫線4種類の読み方と活用方法【大路・大眼仔・小路・甲由路】

バカラはバンカーが勝つかプレイヤーが勝つか50%の確率を予測するゲームですが、罫線を使ってゲームの流れがどうなっているのかを予測することでバカラの勝率を上げていくことが可能です。 単なる運任せのギャン ...

続きを見る