バカラ必勝法・ダランベール法(ピラミッド法)のメリットデメリットを考察

バカラ必勝法の中でもビラミッド法とも呼ばれるダランベール法は、少ない資金で着実に稼いでいけるロジックを18世紀のフランスの数学者であり物理学者・哲学者でもあるダランベールによって考案された歴史ある投資法です。

数式を使った必勝法となりますが、1セットを完了するまでがルールとなっている他の数式を使った必勝法と違い、辞め時は自由に決められることと、勝率50%以下でもプラス収支が可能で、連敗してもベット額が急激に上がらないためトータルとして初心者の方でも使いやすいメリットの多いバカラ必勝法です。

 

ダランベール法(ピラミッド法)とは?

ダランベール法はバカラ攻略法の中でも非常にシンプルな手法で、連敗して増えた損失を少しずつ堅実に取り戻していく手法です。

マーチンゲール法のように連敗するとベット額が急激に上昇するリスクもなく、着実にプラス収支へ持っていくための投資法として使われている人気のバカラ攻略ロジックです。

ダランベール法では勝った場合も負けた場合もベット額をピラミッドのように増減させていく手法で、別名ビラミッド法とも呼ばれています。

 

ダランベール法(ピラミッド法)の賭け方とルール

ダランベール法の賭け方とルールには自由さが多く、単に1ゲームごとに資金を増減させていくだけです。

まずは初期ベット額を決めて、続いてバカラで勝った場合と負けた場合に増減させる金額を決めておきます。

今回は例として、初期ベット額を5ドルとして増減額は1ドルと設定してみます。

5ドルからスタートしてゲームに勝利するごとに1ドルずつベット額を減らしていきます。

逆にゲームに負けた場合は、負けるごとに1ドルずつベット額を増やしていきます。

5ドルからスタートして5連勝した場合、ベット額が0になりますが、この場合は6ゲーム以降の連勝はベット額を0にしないで1ドルのまま賭けていくか、ベット額が0になったところで1セット終了として、また初期設定の5ドルからスタートする2つの考え方があります。

 

バカラ・ダランベール法(ピラミッド法)のメリットとは?

ダランベール法のメリットとしてまず挙げられるのは、ルールがシンプルなので初心者の方でも簡単に実践できるバカラ必勝法として、数ある必勝法の中でも人気が高いです。

勝った場合はベット額を減らしていきますが、負けた場合も自分で最初に決めた額を増やしていく手法なので、連敗してもベット額が急激に上がるリスクもなくローリスクで実践できるため、少ない資金でもプラス収支にもっていくために使いやすい必勝法として重宝します。

またダランベール法では勝率50%でも利益を出せる可能性が高いですし、4勝6敗と負け越していても利益を出せる点も必勝法としてメリットが大きいと感じています。

 

バカラ・ダランベール法(ピラミッド法)のデメリットとは?

ダランベール法のデメリットとしては、勝った場合にベット額を減らしていくため、連勝しても大きな利益を稼げないことがデメリットになります。

また勝敗が勝ち負けで交互に続く場合は、大きな損失もない変わりに大きな利益も出せない点と、勝敗数が同じであっても連勝してから連敗してしまうと損失が出やすくなる点もデメリットになります。

通常のバカラ必勝法では、連勝したときは稼ぎが大きくなるものですが、ダランベール法はコツコツと手堅く増やしていく投資法なので、短期間で派手に大きく稼げたい方には不向きな手法だと思います。

 

バカラ・ダランベール法でしっかり勝利を掴むためのポイント

ダランベール法でしっかり勝利を掴むための最初のポイントは、初期ベット額と勝った場合・負けた場合に増減させる金額をご自身の資金量に応じて無理のない値に設定することです。

勝った場合も負けた場合もベット額を増減させることで、手堅くプラス収支にもっていく手法ですが、連勝が続いていくと勝利数に対しての利益が下がっていくため、ダランベール法はいつ辞めても自由なので、連勝が続く好調モードに入ったときは他の攻略法にシフトすることを検討するのもアリです。

連勝が続くときに効果的なバカラ必勝法・パーレー法は下記のページで解説しています。

バカラ必勝法・パーレー法のメリットデメリットを考察

バカラ必勝法としては、負けるごとに賭け金を2倍に増やしていくマーチンゲール法が守りの必勝法として有名ですが、今回は逆マーチンゲール法とも呼ばれているバカラ必勝法のパーレー法について解説していきます。 ...

続きを見る

ピラミッド法とも呼ばれるダランベール法には、はっきりとした終了ポイントがありませんので、事前に目標とする利益額を決めておいたり、損切りポイントを決めておくと意図せず長期戦になることもなく自分のペースでダランベール法でプレイできるので、事前に目標金額と損切りについても決めておくと良いでしょう。

今回の例では初期ベット額を5ドル、勝ち負け時の増減額を1ドルと設定していますが、資金に余裕のある方は初期ベット額や勝ち負け時の増減額を高く設定してみると、ダランベール法で上手くプラス収支に持っていけるときは利益額も大きくなるので、資金量に応じた適切なベット額設定にすることが納得の勝利を掴んでいくポイントになります。