バカラ必勝法・オスカーグラインド法のメリットデメリットを考察

バカラ必勝法の中には数学者が研究を重ねて弾き出したベット法がありますが、オスカーグラインド法も古くから数学者によって研究を重ねられたギャンブルで勝つためのロジックです。

バカラの必勝法や攻略法ではベット額が急激に高くなることがありますが、オスカーグラインド法ではベット額の上昇率は穏やかで、コツコツと利益を出していきたい方向けの攻略法となっています。

 

オスカーグラインド法とは?

オスカーグラインド法ではユニットという単位をまず決めます。

1ユニットを仮に10ドルとすると、ユニット単位でベットしていき勝ったり負けたりしながら利益が出た時点で利確して1セット終了する流れとなります。

賭け方としては、負けた場合は1ユニットのままで、勝った場合にユニットを1ずつ増やしていく手法なので、常に総収支がプラスまたはマイナスでどれだけかを把握しながらベットしていく必要があります。

 

バカラ・オスカーグラインド法の賭け方とルール

オスカーグラインド法ではユニット単位で1ユニットからスタートして、負けたときは次も1ユニット、連敗したときも1ユニットを賭けていき、勝ったときは次のベット額を1ユニット上げてベットします。

なので負けているときはユニット数を変えずにベットして、勝ったら次のベット額は1ユニットを足していく賭け方となります。

オスカーグラインド法の賭け方とルールに関しては言葉で説明するよりも、表で実際の流れを追いながら理解していくほうがイメージしやすいです。

ベット額 勝敗 総収支
1ユニット × −1ユニット
1ユニット × −2ユニット
1ユニット × −3ユニット
1ユニット −2ユニット
2ユニット × −4ユニット
2ユニット × −6ユニット
2ユニット −4ユニット
3ユニット −1ユニット
4ユニット +3ユニット

上記の表では例として3連敗からスタートしているので、負けているときはベット額は1ユニットのまま。

4回目で勝ちましたので、次の5回目のベット額は1ユニット足して2ユニットになります。

5回目で負けましたが、ユニット数は2ユニットのままベットします。
6回目も負けましたが2ユニットのままです。

7回目で勝ちましたので、次の8回目のベット額は1ユニット足して3ユニットになります。

8回目で勝利しましたが総収支はマイナスなので、次の9回目は1ユニット足して4ユニットでベットします。

9回目で勝ちまして、ここで総収支が+3ユニットになったので利確して1セット終了となります。

オスカーグラインド法は勝ったタイミングでベット額を1ユニット上げることで、負け分よりも大きな額で勝利してプラス収支に持っていく必勝法となっています。

 

バカラ・オスカーグラインド法のメリットとは?

バカラ攻略法のベット手法として代表的なマーチンゲール法やパーレー法では、勝ったり負けたりするとベット額を2倍に増やしていくため賭け金の上昇率が高くなりますが、オスカーグラインド法のメリットは勝ったときだけ1ユニット足すベットルールなので、賭け金の上昇率が穏やかなでバカラ初心者の方や、軍資金が少ない方にとっても使いやすい手法です。

また他のメリットとして、バカラの勝率は約50%ですがゲームの流れによっては連敗を重ねるなど、確率通りに勝てないときもありますが、オスカーグラインド法では勝つタイミングや連勝のタイミングによっては勝率50%を下回ってしまう場合でもプラス収支に持っていけることが挙げられます。

 

バカラ・オスカーグラインド法のデメリットとは?

先ほど例とした挙げたマーチンゲール法やパーレー法は、勝ったとき負けたときにベット額を2倍にするシンプルなルールなので実践もシンプルですが、オスカーグラインド法はユニット単位で常に総収支がプラスかマイナスかを把握しておく必要があります。

そのためメモ帳や電卓などで、ベット額や現在の収支を書いて把握する手間がかかるのはデメリットです。

またオスカーグラインド法ではプラス収支になった時点で利確して1セット終了となりますので、1セット当たりの利益が少ないのもデメリットです。

バカラの必勝法や攻略法は、例えばマーチンゲール法やパーレー法を組み合わせることもできますが、オスカーグラインド法はこれで独立した手法となるため、他の必勝法や攻略法と組み合わせることができないこともデメリットかもしれません。

バカラ必勝法・マーチンゲール法のメリットデメリットを考察

バカラの必勝法や攻略法は多くのプレイヤーが求めているコンテンツですが、バカラでは罫線を読んでゲームの流れを予測するアプローチの他にも、フラットベット(常に同じ金額をベットする)ではなく状況に応じてベッ ...

続きを見る

バカラ必勝法・パーレー法のメリットデメリットを考察

バカラ必勝法としては、負けるごとに賭け金を2倍に増やしていくマーチンゲール法が守りの必勝法として有名ですが、今回は逆マーチンゲール法とも呼ばれているバカラ必勝法のパーレー法について解説していきます。 ...

続きを見る

 

バカラ・オスカーグラインド法でしっかり勝利を掴むためのポイント

オスカーグラインド法は長期戦になってしまうとユニット数が増えていき、ここで連敗が続くと大きな損失となってしまうため、いくら負けたら損切りするというルールを決めておくと良いです。

勝ってプラス収支となった時点が利確ポイントなので、このポイントを正しく把握しないと勝ってることを忘れて続けてベットしまうとオスカーグラインド法のベットルールが崩れてしまうため、バカラを実践するときはメモ帳などを使って、常に収支を把握しながら利確するタイミングとルールをしっかりと守っていくことが勝利を掴むポイントです。

ベット額が急激に上昇しない初心者でも使いやすいバカラ必勝法としては、ダランベール法もありますので参考にしてください。

バカラ必勝法・ダランベール法(ピラミッド法)のメリットデメリットを考察

バカラ必勝法の中でもビラミッド法とも呼ばれるダランベール法は、少ない資金で着実に稼いでいけるロジックを18世紀のフランスの数学者であり物理学者・哲学者でもあるダランベールによって考案された歴史ある投資 ...

続きを見る