バカラ必勝法・31システム法のメリットデメリットを考察

31システム法は別名2連勝法とも呼ばれてるバカラ必勝法のひとつで、31システムの表に沿ってベットしていくことで少ない資金でも勝ちやすく、安定して利益を出せる手法です。

バカラ攻略法の中では専用の表を見ながらベットしていく手法なので、ルールを覚えるまでは少しややこしく感じるかもですが、安定感のある手法なのでぜひ理解してみてください。

 

31システム法とは?

31システム法は9回ゲームを行う中で、一度でも2連勝すればプラス収支となるバカラ必勝法で、初期設定のベット額を1ドルとした場合、9回のゲームで9連敗したとしても最大損失は31ドルと決まっていながら、1度でも2連勝すればプラス収支となる安定感のあるバカラ攻略法です。

マーチンゲール法では連敗が続くと賭け金が上がってしまいプレッシャーがかかるところですが、31システム法は9回のゲームを1セットとして、最大負け額が合計31単位と決まっているため、初心者の方も安心して使いやすい手法となっています。

 

バカラ・31システム法の賭け方とルール

31システム法の賭け方として、まずは初期設定のベット額を決めます。

初期設定のベット額を1ドルと仮定すると、1回目は1ドル、2回目も1ドル、3回目も1ドル、4回目は2ドル、5回目も2ドル、6回目は4ドル、7回目も4ドル、8回目は8ドル、9回目も8ドルの順番でベットしていきます。

1セット9回のゲームという単位で、上記の通りに賭けていくと9回のゲームの中で1度でも2連勝すればプラス収支になり、2連勝した時点で利確して1セット終了、もしくは9連敗して31ドルの損失となった時点で損切りして1セット終了というルールになっています。

バカラでは9連敗する確率は、約0.2%なので500回に一度となり、2連勝する確率は約25%なので4回に一度なので、確率から考えて31システム法で9連敗する確率と2連勝する確率とでは、圧倒的に2連勝する確率のほうが高いですし、仮に9連敗したとしても最大損失は31ドル(初期ベット額1ドルの場合)なので、負けに関しても余裕をもってプレイできる実践しやすい必勝法だと思います。

 

バカラ・31システム法の実践手順を図解で解説

実際に31システム法をバカラで実践するときは、バカラはゲーム進行のスピードが早いので、慣れるまでは31システムの表を見ながらゲームごとのベット額を間違えないようにしましょう。

31システムの賭け方の表は以下となります。

まず初期ベット額を決めて1単位とします。

ベット額は1回目1ドル→2回目1ドル→3回目1ドル→4回目2ドル→5回目2ドル→6回目4ドル→7回目4ドル→8回目8ドル→9回目8ドルの順番で上げていきます。

31システム法は左上の【A-1】からスタートします。

1回目で負けた場合は【A-2】へ移動、2回目で負けた場合は【A-3】してそれぞれ1ドル賭けます。
3回目も負けた場合は【B-1】へ移動して2ドル賭ける流れとなります。

ゲームの途中で勝った場合は、表の横は進むのではなく下段の左端に下がります。

2連勝するか、D-2回目の8ドルをベットしたゲームで損切りして1セットが終了します。

次のセットはA-1回目に戻って1ドルベットから行っていきます。

 

バカラ・31システム法のメリットとは?

31システム法のメリットとしては1セット9ゲームのルールで、損失が出た場合でも最大で31ドルで済むことがわかっているため損失のリスクを低くできることと、最大損失が事前にわかっているので、気持ちの面でも冷静にプレイできるメリットがあります。

先ほども述べましたが、31システム法で9連敗する確率は0.2%、2連勝する確率は25%となるので、9ゲームの中で一度でも2連勝すればプラス収支にできるバカラ攻略法として、コツコツと着実に利益を伸ばしていきたい方には相性のいい手法です。

 

バカラ・31システムのデメリット

31システムのデメリットとしては、賭け方のルールが多少ややこしいので、スピードバカラなど特にゲーム進行が早いバカラではベット額を間違えてしまうデメリットが考えられます。

なので、慣れるまでは上記の31システム表を見ながらゲームの進行に合わせて、正しいベット額を算出して実践していく必要があります。

また31システムの特徴として、9ゲームの間に連勝できないと損切りとなってしまう点もデメリットです。

 

バカラ・31システム法でしっかり勝利を掴むためのポイント

確率論として31システム法は、9連敗するより2連勝する確率のほうが遥かに高いため勝ちやすいバカラ攻略法ですが、それでも調子が悪い日などは損切りが続いてしまう場合もあります。

31システム法を実践するときは、事前にどれだけ損失がでたら損切りして終了するかのラインを決めておくと負けが混む可能性を下げられるので、負けを抑えつつ勝ちを伸ばしてコツコツ増やすスタイルが良いと感じています。

他のバカラ必勝法と比べて最大31ドルの損失が見えている手法なので、資金が少ない方や初心者の方にも実践しやすく勝ちやすいベット法となっています。

31システムの表を見ながら、慣れるまではゲーム進行の早いスピードバカラは避ながら少しずつ実践して感触を掴んでみてください。