バカラ必勝法・グランマーチンゲール法のメリットデメリットを考察

バカラ必勝法の代表的な手法として負けたら、次のゲームのベット額を2倍にすることで何連敗しても一度の勝利で損失を取り戻せるマーチンゲール法があります。

マーチンゲール法は連敗する度にベット額が2倍に増えていくリスクが大きい割には、勝ったときの利益が少ない面があり、そこを改良した必勝法がグランマーチンゲール法となります。

 

グランマーチンゲール法とは?

グランマーチンゲール法のグランとは壮大なという意味になり、マーチンゲール法を大きくした攻略法という言葉の意味が含まれています。

マーチンゲール法の醍醐味は何連敗しても一度の勝利で損失を挽回できる点ですが、連敗するとベット額が大きくなっていくリスクに比べて、勝利としときの利益が少ないデメリットを補うために、マーチンゲール法のベット額にプラスαの金額を追加ベットすることで、勝利したときの利益を大きくするのがグランマーチンゲール法です。

マーチンゲール法についての詳細は下記の記事を参照してください。

バカラ必勝法・マーチンゲール法のメリットデメリットを考察

バカラの必勝法や攻略法は多くのプレイヤーが求めているコンテンツですが、バカラでは罫線を読んでゲームの流れを予測するアプローチの他にも、フラットベット(常に同じ金額をベットする)ではなく状況に応じてベッ ...

続きを見る

グランマーチンゲール法の賭け方とルール

グランマーチンゲール法の賭け方はマーチンゲール法に賭け方にプラスαの金額を追加ベットするだけなので、基本となるマーチンゲール法の賭け方をご紹介いたします。

マーチンゲール法は負けたときにスタートするバカラ必勝法で、初期ベット額を1ドルとして負けた場合、次のゲームは2倍となる2ドルをベットします。

このゲームでも負けた場合は、前回のベット額2ドルの2倍となる4ドルをベットします。
この流れで連敗している間は前回のベット額の2倍を賭けていき、一度でも勝利すれば損失を取り戻せる手法です。

上記のマーチンゲール法のルールにプラスして、負けた場合に前回のゲームの賭け金の2倍プラスαの金額をベットしていくのがグランマーチンゲール法の賭け方とルールとなります。

なので、グランマーチンゲール法を実践するためには、初期ベット額とプラスαする金額を事前に決めておきましょう。

初期ベット額を1ドル、プラスαする金額を1ドルと設定すると、最初のゲームで1ドルを負けて負けたところで次のゲームのベット額は2倍の2ドル+1ドル=3ドルをベットします。

このゲームも負けた場合は、前回のベット額3ドルの2倍で6ドル+1ドル=7ドルをベットします。

このようなグランマーチンゲール法のルールでベットしていくと、連敗している間はマーチンゲール法よりもベット額が大きくなるので負担になりますが、一度でも勝てばマーチンゲール法より多くの利益を得られます。

そしてグランマーチンゲール法で勝利した場合は初期ベット額に戻します。

また途中で引き分けとなった場合、そのゲームはカウントせずに前回と同じ金額をベットしていきます。

 

バカラ・グランマーチンゲール法のメリットとは?

グランマーチンゲール法のメリットはバカラで何連敗したとしても、一度の勝ちで損失を解消できるだけでなくマーチンゲール法よりも多くの利益を一度の勝利で出せる点にあります。

リスクとリターンを考慮すると、何連敗しても一度の勝利で損失を挽回できる点は負けが込んでいるときには魅力的な手法ではありますが、負ける度にベット額が増えていくリスクに対して、勝ったときに得られる利益が少ないのは面白くないので、マーチンゲール法を好んで使う方で、勝ったときの利益を大きくしたいと感じる方はグランマーチンゲール法と相性が良いです。

 

バカラ・グランマーチンゲール法のデメリットとは?

グランマーチンゲール法は負ける度に前回ゲームのベット額を2倍に増やしてベットしていくマーチンゲール法よりもプラスα分多くベットしていくため、負けが重なるとベット額が大きくなってしまう点がデメリットです。

バカラ必勝法には、連勝時に利益を伸ばしていくタイプの手法から、連敗時に損失を挽回していくタイプの手法など色々ありますので、基本となるマーチンゲール法を使うかどうかはリスク管理の面で好みが分かれる手法です。

手堅く利益を積み上げていくタイプのバカラ攻略法では、連敗が続いてしまうと損失をリカバリーするまでに長期戦になってしまうケースがあるため、連敗してても一度の勝利で損失を挽回してプラス収支に持っていきたいタイプの方でしたら、マーチンゲール法よりもリスクが増えるグランマーチンゲール法のデメリットを織り込んで、勝利したときの利益の大きさに意識をフォーカスされると良いでしょう。

 

バカラ・グランマーチンゲール法でしっかり勝利を掴むためのポイント

グランマーチンゲール法の賭け方では、連敗が続くとベット額が2倍以上に大きくなってしまうため、初期ベット額となる1単位とプラスα分を合わせて資金量の1/20くらいに抑えることが理想的です。

何連敗しても一度の勝利でプラス収支にできる手法ですが、連敗してる間に次のベッド額が足りなくなるとグランマーチンゲール法の実践は途中で破綻してしまうため、総資金に応じた初期ベット額とプラスαする金額の設定を適切に行うことがポイントです。

またバカラでは、テーブルごとに最低ベット額や上限ベット額の制限がありますので、グランマーチンゲール法を実践している途中で上限ベット額に達してしまった場合も破綻してしまうため、テーブルの上限ベット額をしっかり確認して、ご自身にとっての適切なベット額を設定することが必要です。

グランマーチンゲール法に興味のある方で、マーチンゲール法を実践していない方は、まず先にマーチンゲール法で感触を掴んでからグランマーチンゲール法を試してみるほうが無理なく実践できます。

マーチンゲール法についての詳細は下記の記事を参照してください。

バカラ必勝法・マーチンゲール法のメリットデメリットを考察

バカラの必勝法や攻略法は多くのプレイヤーが求めているコンテンツですが、バカラでは罫線を読んでゲームの流れを予測するアプローチの他にも、フラットベット(常に同じ金額をベットする)ではなく状況に応じてベッ ...

続きを見る