過払い金請求体験談 勇気のわくエピソード集


過払い金請求は、最後の取引から10年以内が対象となることから、過去に武富士やプロミスの消費者金融で借りていて今は完済した借金ですが、当時の利息は明らかに高かった・・・近年改訂された利息制限法からみると過払い金請求の対象になるとは思うのですが、いざ過払い金請求を武富士やプロミスに行おう! と思ってもやはり怖いなぁという腰が引ける思いは私以外でもあると思います。

そこで過払い金請求体験談をネットで探してみると、既に自力で過払い金請求を完成させた勇者たちのエピソードが多く掲載されており、何件もの過払い金請求体験談を読んでいくうちに共通しているポイントなどが理解できてきましたので、今回は勇気をもって過払い金請求ができるように過払い金請求体験談のエピソードからエッセンスを抽出してまとめてみます。


過払い金請求体験談を書かれている方に共通しているのは「多重債務者」ということ。借金総額も300万円以上であり、ある統計では消費者金融などの借金が400万円を超えると急に自殺者の人数が増えるというデータを記憶していますが、やはり300万円クラスの借金を抱えていると、相当の利息を払ってきていることから過払い金請求という存在を知ったときの返還へのモチベーションは相当に高い方が多いように感じました。



過払い金請求体験記の書籍はこちら

私が借金していた当時の利率も26%くらいでしたので、法定金利の18%で計算し治すと8%の金利を余分に払っていたことになります。
過払い金請求体験談を書かれている方々の多くは利率30%近くの方が多いので、単純に10%近くの金利を払い過ぎており、まずは貸金業者に連絡して取引履歴を取り寄せることから行動を始めています。

そして過払い金請求計算ソフトで引き直し計算をして、過払い金を確定された後は自力で貸金業者に連絡をして和解まで進めて返還を受ける人と、弁護士や司法書士に依頼する方に分かれています。

貸金業者に過払い金請求をすると、借金額が少なくなるということで納得してしまうケースがあるようですが、これは過払い金請求をしたときの貸金業者側の計算による主張ということで、実際は借入額が減るのではなく、借金は消滅しており、なおかつ過払い金が返還されるという事例が多く掲載されていました。

★管理人オススメの通信講座★


この記事のタグ

サイト内関連記事

過払い金請求デメリットとは?
過払い金請求をすると法定金利以上で借りていた場合には、余分に支払っていた金利分......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

過払い金請求と過払い金計算ソフト:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://motemotemagic.com/kabarai/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット