厚生労働省新型インフルエンザワクチン


通常のインフルエンザであれば厚生労働省のホームページや市町村などの自治体・病院などからインフルエンザワクチン接種についてのお知らせや方針など、明確な情報が記載されるものですが、特に新型インフルエンザワクチンにおいては、大流行の懸念から接種希望者が殺到することでパニックになることを懸念するせいか、厚生労働省インフルエンザワクチンについての説明は例年ほど積極的に情報開示がなれさていないように感じます。

厚生労働省の新型インフルエンザワクチンに関する情報開示の内容には、新型インフルエンザワクチンへの安全性が示されており、特に新型インフルエンザワクチンの生産数量がワクチン接種希望者全員に行き渡らない品切れが起こることから、国産のワクチンにおいては1回の接種で効果があると提言されています。

実際子供のワクチン接種でも病院に入荷するワクチンの数が少ないことから1回目のワクチン接種は予約できるものの2回目の予約はできないところが多いようです。


また最近になって厚生労働省の新型インフルエンザワクチンに関する発表には関心の高い副反応について触れており、内容を要約すると新型インフルエンザワクチン接種を受けた人の中で若干名ですが接種直後に歩行が困難になったり、めまい、吐き気、頭痛などの症状があると報告されています。
ただし、上記の副反応はいずれもワクチン接種を受けた病院などで2時間ほど安静にしていればほぼ副反応の症状は治まると報告されています。

人気のインフルエンザ対策グッズはこちら

★お洒落で実用的なインフルエンザ対策として人気の
空気清浄機マジックボール★


厚生労働省のインフルエンザワクチンについての方針や公式発表も大事ですが、実際にインフルエンザワクチンの接種を受ける各地方の状況などを説明した相談窓口のコーナーも厚生労働省のインフルエンザワクチンについて書かれたホームページ内にありますので、こちらもあわせて参照されると良いです。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/jiti_link.html
上記のリンクでは都道府県別のインフルエンザワクチン接種についての相談窓口となっており、北海道のインフルエンザワクチンから東京、埼玉、大阪、沖縄まで各地域についての情報があります。


スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

新型インフルエンザワクチン優先順位
新型インフルエンザワクチンの数が不足することからワクチン接種を希望する人にはそ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

新型 季節性 インフルエンザ予防接種2013:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://motemotemagic.com/influenza/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット