インフルエンザ潜伏期間 移る 新型 予防接種


インフルエンザが猛威を振るう時期となると、新型インフルエンザ感染などの確率も高くなり、子供が学校で大勢の子供と接触することや大人が通勤や仕事などで交通機関を利用したりのケースでインフルエンザ感染する危険性が高まっていて、インフルエンザ潜伏期間はどのくらいなのか? 万一感染してしまった場合は移る可能性はどれくらいなのか?などインフルエンザの潜伏期間や移る確率、新型インフルエンザの潜伏期間期間などの情報をまとめてご紹介いたします。

まず潜伏期間ですが、こちらは一般的なインフルエンザでも新型インフルエンザでも1日から2日くらいを経て感染した場合には発症します。また最長の潜伏期間としては7日という報告も発表されていますが、概ねインフルエンザの潜伏期間期間は1〜2日の認識で良いかと思います。

そして、インフルエンザ潜伏期間を経て移るという視点では、インフルエンザが発症した前日から症状がやや落ち着いた日から2日程度がうつる可能性の高い時期とされていますので、感染を心配される場合はこの日数を参考に注意してください。


インフルエンザの予防には、適切な時期(流行する12月から3月の前)に予防接種を受けることが良いですが、新型インフルエンザの場合はワクチン数の不足から、接種を希望される方に優先順位があり、予防接種を希望されても適切な時期に接種を受けられず、その前にインフルエンザに感染してしまうことも大いに考えられます。

人気のインフルエンザ対策グッズはこちら

★お洒落で実用的なインフルエンザ対策として人気の
空気清浄機マジックボール★


基本的な予防策は、手洗いとうがいを外出から戻ったときには習慣とすること、できれば消毒用の霧吹きなども用意しておくこと、外出時にはマスクを着用するといいと思いますが、それ以外の方法では加湿器を使用するとウイルスは湿気を嫌うことから家庭内でインフルエンザ潜伏期間を経て移るという危険性も多少回避できると思います。

インフルエンザが潜伏期間を経て家族に感染すると大変ですので、上記の潜伏期間の時期を参考にして、感染に心当たりがある場合は1日から2日くらいは家庭内で隔離して過ごしてみるのもちよっと冷たいですが一時的なことですので、効果はあると思います。


スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

新型 季節性 インフルエンザ予防接種2013:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://motemotemagic.com/influenza/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット