インフルエンザ予防接種の副作用と副反応


インフルエンザに感染することにも最近は新型インフルエンザや季節性インフルエンザの猛威が注目を浴びていて脅威ではありますが、インフルエンザ予防接種の副作用や副反応も気になるところでして、特に子供や乳幼児への影響、妊娠している方にとっては胎児への影響など、予防接種を受ける前に知っておきたい知識としてインフルエンザ予防接種における副作用と副反応について報告されている事例を元にご紹介いたします。

インフルエンザ予防接種の副作用としては、予防接種された人数からするとごくわずかではありますが特に卵アレルギーのある方にとっては、インフルエンザワクチンは製造過程で鶏の卵を使用するため、アレルギー反応が起こることがありますので注意が必要です。

一般の方にとっての副作用や副反応としては、1994年にインフルエンザ予防接種による副作用や効果に問題があるとする意見があってから任意での予防接種に変更された経緯があります。


一般的なインフルエンザ予防接種の副反応としては、注射箇所が腫れたり、しびれが起こったり、発熱などの症状がごく少数ですが報告されており、いずれも2日〜3日で症状は納まっていると報告されています。

人気のインフルエンザ対策グッズはこちら

★お洒落で実用的なインフルエンザ対策として人気の
空気清浄機マジックボール★


また新型インフルエンザ予防接種における副作用として、医療従事者が予防接種した際の報告によると4人に1人が一時的に歩行困難になった例が紹介されており、全員数時間で回復したと報告されていますが、こちらの数字は母数は少ないですが4分の1ということで確率が高いと感じますし、不安に感じるところでもありますね。

一般的なインフルエンザ予防接種の副作用を確率別に見てみると5%から10%程度の方に軽いめまい、頭痛、関節痛、吐き気、下痢、疲労感などの症状が報告されています。

10%から20%の方に注射した箇所の腫れと痛み、しびれがあると報告されていますが、いずれも2日から3日には回復すると発表されています。


スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

新型 季節性 インフルエンザ予防接種2013:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://motemotemagic.com/influenza/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット