乳幼児と子供のインフルエンザ予防接種


インフルエンザが心配で乳幼児や子供に予防接種を希望される場合に、副反応や副作用などを心配される方は多いと思いますので、インフルエンザ予防接種の際に乳幼児や子供にどんな注意点があるのか、気になるポイントを幾つかご紹介いたします。

新型インフルエンザの場合は、すでに流行していて学校の30%以上が学級閉鎖になるなどインフルエンザ感染の確立は高まっており、不足が懸念されているワクチンも予防接種希望者の優先順位では乳幼児や子供も高いことから関心が高まっていると思います。

乳幼児や子供がインフルエンザ予防接種を受けて考えられる副反応としては、新型インフルエンザの場合では、優先順位の高い医療従事者がワクチンを接種したところ4人に1人が一時的に歩行が困難になったと発表されていますが、全員回復したと報じられています。
新型インフルエンザの副作用については、まだ報告されている事例が少ないので明確なことが明らかになっていませんが、一般的にはインフルエンザ予防接種による副作用は


注射した箇所が腫れたり、発熱があったり、じんましんが出来たりなどの報告があります。ただこれも大人同様に一時的な症状であるようです。

人気のインフルエンザ対策グッズはこちら

★お洒落で実用的なインフルエンザ対策として人気の
空気清浄機マジックボール★


また乳幼児でインフルエンザ予防接種の対象となるのは、生後6ヶ月以降とされています。
6ヶ月以降から6歳までは、外部との接触が少ないためインフルエンザ予防接種による効果は20%から30%とされていますので、意外と少ない印象を受けます。

ただ6歳以上の子供となると、外部と接触する頻度が高くてインフルエンザ感染した場合は重症になる危険性もあることから予防接種をおすすめいたします。

乳幼児に対してのインフルエンザ予防接種よりも実質的には、パパやママが感染することで子供に移してしまうことが多いため、まずは子供のためにもご両親が接種を受けることをおすすめいたします。


スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠初期と授乳中赤ちゃんのインフルエンザ予防接種
妊娠されている方や授乳中の赤ちゃんがいる方にとって、インフルエンザが流行してい......
R-1乳酸菌(ドリンク)でインフルエンザ予防率が1/10に
インフルエンザの予防というと注射による予防接種が代表的ですが、特に乳幼児や小さい......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

新型 季節性 インフルエンザ予防接種2013:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://motemotemagic.com/influenza/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット