インフルエンザ予防接種を受けるときの時期や有効期間、インフルエンザ予防接種の費用・料金、乳幼児のインフルエンザ予防接種や妊娠中のインフルエンザ予防接種など、注意事項として気になるポイントを具体的に説明しています。

新型 季節性 インフルエンザ予防接種の注意事項と優先順位

インフルエンザ予防接種は毎年行われていますが、今回は新型インフルエンザや季節性インフルエンザが流行しており、通年とはインフルエンザ予防接種の注意事項が違うようです。
中でも気になるのは新型インフルエンザ予防接種のワクチンの数が不足していることから、優先順位が決められていることや、タミフルの時のように乳幼児や子供へのインフルエンザ予防接種の際に、副作用や副反応が心配されています。

人気のインフルエンザ対策グッズはこちら

インフルエンザ予防接種の注意事項としては、当日はお風呂に入れないと思われる方もいるかと思いますが、お風呂は入っても良いようです。接種当日は激しい運動は避けること、卵アレルギーの方がインフルエンザ予防接種を受けると、じんましんや息苦しさを感じることがまれにあるようなので、30分くらいは院内で様子を見ることなどが挙げられます。

新型インフルエンザの発生に伴って、不足するワクチンの数からインフルエンザ予防接種を受ける人に優先順位が決められていまして、本当に必要になったときには、このインフルエンザ予防接種優先順位がすごく重要な意味を持ってくると思いますので、優先される順位を説明いたします。

まず最優先されるが、インフルエンザ患者の診療に従事する医療従事者。
これは納得ですね。

次に妊婦さんと基礎疾患者(持病を持っている人)、そして1才から就学前の乳幼児、続いて1歳未満の小児の両親となっています。

ここまでが最優先される4タイプの属性となり、続いては小学生、中学生、高校生、高齢者の方々が優先される順番になっています。

人気のインフルエンザ対策グッズはこちら

★お洒落で実用的なインフルエンザ対策として人気の
空気清浄機マジックボール★



誰しも万一の時には我れ先に・・・となると思いますが、この優先順位はなるほどなぁと個人的には感じています。

インフルエンザ予防接種の注意事項として他に考えられることは、インフルエンザ予防接種の有効期間というものがありまして、予防接種をしてワクチンが効いている期間がありまして、だいたい2〜3ヶ月となりますので、新型インフルエンザは既に流行っているので今予防接種されても当然効果がありますが、季節性インフルエンザ予防接種はあまり早く打ってしまうと効果が期待できない場合がありますのでご注意ください。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

新型 季節性 インフルエンザ予防接種2013:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://motemotemagic.com/influenza/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット