脳核酸・脳内核酸とは?核酸アナログ製剤治療について

核酸には核酸サプリなどの商品が既にありますが、最近流行りの脳年齢が若返るという話題に関連して、脳内核酸や脳核酸という言葉がテレビなどから知る人は多いと思います。


なんでも脳内の核酸が減少することによって脳機能の働きが弱まり、認知証になる原因になるなど説がありまして、初期症状としては物忘れが激しくなったりなどが挙げられるようです。


脳核酸や脳内核酸という言葉は、造語であって脳の働きが良くなるような核酸商品というものが特別にあったり(あるかもしれませんが)核酸を摂取することで脳が若返るという効果は医学的には証明されていないようです。

また核酸関連で、核酸アナログ製剤という言葉もたまに聞く機会があるかもしれませんが、こちらはウイルス性慢性肝疾患に対しての治療薬という言葉です。

2009年末頃の厚生労働省による報道発表で明かされたもので、B型慢性肝疾患に対する

核酸アナログ製剤治療の有効性と安全性が、専門家による確認できたということで一般人にとっては核酸サプリなどとは、こちらも関係がないようです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

核酸の効果・効能・機能と核酸サプリ・核酸化粧品
核酸は昔、母親が大量に買い込みまして・・・買う決断をした母親がすぐに飽きて飲ま......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

coq10【コエンザイムQ10】効果と成分がスグわかるブログ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://motemotemagic.com/coenzaimu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

貯蓄