グルコサミン白鳥製薬、大正製薬、アサヒ(Asahi)の比較


数あるグルコサミン製品の中でも最近特に注目されているメーカーとして、白鳥製薬のグルコサミンや大正製薬のグルコサミン、DHCやアサヒのグルコサミンがありますが、それぞれどのような特徴があるのか把握しておくとユーザーである私たちは迷わずに希望するグルコサミン製品を選べると感じましたので、それぞれのグルコサミンを比較して検証してみようと思います。

まずは白鳥製薬のグルコサミンですが、こちらは大正製薬もそうですが製薬会社が作っているグルコサミンということで説得力がありそうですよね。白鳥製薬の場合はグルコサミンを販売してから9年の実績があり、グルコサミンが注目されてから販売を始めたメーカーとは一線を画すスタンスで12錠中の配合量としてグルコサミン1500mgとサメ軟骨の粉末が1200mg入っているのが特徴です。

また、サメ軟骨の粉末が多いと生臭さが気になるところですがサプリはヨーグルト風味と工夫されているところも評価できる点だと思います。


次に大正製薬のグルコサミンですが、こちらはグルコサミン豪華一点主義といった感じでしてグルコサミンの一日の摂取必要量である1500mgの基準を、6錠で摂取できるところは他社製品の半分の効率であり、服用してから一分半で溶けるという吸収率の良さとグルコサミン成分のみ配合という姿勢に、大正製薬の「大正グルコサミン」のグルコサミン比較へのこだわりを感じます。



お得なグルコサミン通販はこちらから


最後にアサヒ(Asahi)のグルコサミンについてですが、こちらの特徴は飲みやすさにあると思います。粒の大きさが8mmと小さめになりましたので、毎日6錠くらいを摂取するとなると錠剤が苦手な方には、飲みやすさという観点も継続には大事ですよね。グルコサミンの内容を比較してみると、他者と比べて突出している部分はありませんが、テレビCMでの露出も多いですし人気があるようです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

グルコサミンの効果・効能と副作用、コンドロイチン(鮫の軟骨)
グルコサミンを摂取することでの効果・効能を一言でいえば「関節の栄養」となりまし......
グルコサミン人気ランキング・口コミと世田谷
グルコサミンが注目を集めてから各社いろいろな工夫をこらしたグルコサミン商品が販......
サントリー グルコサミン CM,お試し,無料について
☆工場派遣員が20分の作業で 月収50万円稼いだWツールプレゼント企画【6月1......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

coq10【コエンザイムQ10】効果と成分がスグわかるブログ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://motemotemagic.com/coenzaimu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

貯蓄