琵琶湖 バス釣り ブラックバス ポイントガイド


琵琶湖のバス釣りは琵琶湖の東西南北にスポットがたくさんあり、ブラックバスの当りも各スポットで特徴があるので、ここでは琵琶湖バス釣りで納得のいく釣果を出すためのおすすめバス釣り情報を簡単にご紹介いたします。

琵琶湖バス釣りのスポットへは予め狙いをつけている場合は、車で移動して各スポット周辺を臨機応変に移動しながらブラックバスの動向に合わせるのもいいですし、琵琶湖バス釣りを色んなスポットで試したい方は琵琶湖レンタルボートで移動しながら楽しむのもまた乙なものです。
琵琶湖博物館によると、琵琶湖に住む魚はブラックバス以外にも50種類以上の魚が生息しているとあって四季折々に各スポットで思わぬ魚と出会えるのも琵琶湖バス釣りの楽しみであったりもします。

琵琶湖バス釣りスポットは多くのバサーが訪れるため、人気のスポットでは3メートル間隔でバサーが並ぶなので光景もみられるので、時間に余裕がある方は琵琶湖ホテルに宿泊して琵琶湖観光を家族で楽しみながらバサーは早朝からバス釣りに出掛けたりと時間帯を少しずらしてみるのもいいかもしれません。

私の場合は時間に余裕のある時はラフォーレ琵琶湖かエクシブ琵琶湖に前日から宿泊して早朝よりバス釣りを開始することが多く、入れ食いの釣果を楽しむことがあります。


>>人気の琵琶湖周辺ホテル情報はこちら<<


では、琵琶湖のブラックバスを楽しむためのバス釣りスポットをご紹介いたします。

琵琶湖のバス釣りには湖北・湖南・湖西・湖東・大津と大きく5つのエリアに分かれます。
なにを基準に選ぶかはそれぞれですが、ここではあまり知られていない釣果の期待できるスポットに絞って琵琶湖北と西でのバス釣りのおすすめ場所をご紹介いたします。

湖北は水質が良いので魚影が濃く、中でも姉川・西野放水路・海津がおすすめです。
西路放水路はその日のコンディションにもよりますが、当たるときは当りが凄く続くので思い出深いスポットです。湖北でバス釣りをする時にはまずこちらからスタートすることが多く、ハズレの場合に姉川に移動します。姉川は河口浅場から南側の砂地までゆったり攻めることができるので、日中はここでバス釣りすることも多いポイントです。

湖西では秋口以降に数釣りが楽しめるスポットとして鴨川で朝一狙いか、石田川は湖西では人気のエリアですが朝一で狙いに行く事もあり、その後南下していくことが多い場所です。湖西では春は農業の関係で釣果は期待できませんので、秋口からのシーズンとなりますが、水門中心にブラックバスの数を楽しむスポットとしてオススメです。

★管理人オススメの通信講座★



この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

琵琶湖 レンタルボート・ウォーターボール:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://motemotemagic.com/biwako/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット